Bench Scale Pilot Plant

90Lまでマグネットドライブに対応!
煩雑な洗浄作業を安全かつ簡便に行えます

スケールアップする際の実験装置や中規模本生産設備における培養装置として幅広く使用されています。
最大70Lまでマグネットドライブ方式で対応可能です。※ダイレクトドライブ方式でも製作可能です。

ベンチスケールパイロットプラントファーメンター KMJ-MGUシリーズ(20L~90L)

  • 特徴190Lサイズでも分割洗浄が容易に行えます

    通常、ダイレクトドライブ方式で上部撹拌のジャーファーメンターは20L~30L以上の物になると撹拌部が重く、1人で持ち上げる事が困難な為、助手または吊上げ機構が必要となり洗浄・分解作業が煩雑になります。また、下部撹拌方式ではシャフトが槽内に残る為、コンタミネーションやメンテナンス性に問題が発生する可能性があります。弊社のジャーファーメンターは長年培った弊社独自技術により、70Lまでマグネットドライブ方式で製作する事で、撹拌部を全て槽外に取り出す事が出来、良好な使い勝手を実現しております。

    通常の上部攪拌方式、通常の下部攪拌方式とマグネットドライブ方式の比較

    マグネットドライブなら撹拌部を取り出せるので、安全・簡便・清潔に洗浄可能

  • 特徴2コンタミリスクが低減出来ます。

    ダイレクトドライブ方式のようなシール部が存在しない為、シール部からのコンタミネーション(雑菌汚染)を心配することなく、安心して培養を行う事ができます。

    撹拌シャフトには、金属フリーのセラミック軸受を採用しており、培養に有害な摩耗粉がでません。(1L~90Lまで対応)

  • 特徴3安定した撹拌性能

    弊社のマグネット撹拌方式は、残留磁束密度が高く、尚且つ耐熱性に優れています。
    また、弊社独自のマグネット封入技術によりSIP滅菌に対応出来る耐熱性を備えています。
    また、撹拌性能においても弊社オリジナルな軸構造の最適化により、優れた撹拌性能を発揮します。

  • 特徴4優れた操作性

    タッチパネルを採用し、快適な操作性を実現しております。

    モニター画面例

    フローモニター画面

    進行中の各工程や各計測値、バルブの開閉状態などがモニターで確認できます。

    エンジニアリング画面

    滅菌時や培養時の各工程のバルブの開閉状態の確認、また設定の変更を行う事ができます。

    ◎滅菌制御については、自動で行う自動滅菌タイプか、バルブの開閉操作等をお客様自身の手で行う手動滅菌タイプのいずれかを選択する事ができます。

  • 仕様

    型式 KMJ-201 MGU KMJ-301 MGU KMJ-501 MGU KMJ-701 MGU KMJ-901 MGU
    培養槽 設計規格 小型圧力容器構造規格  設計温度:133℃  設計圧力:0.2MPa  
    全容量 L 20 30 50 70 90
    仕込み量 L 8~14 10~21 17~35 23~49 27~63
    撹拌方式 下部マグネットドライブ方式(標準) オプション:上部又は下部メカニカルシール方式
    撹拌翼 撹拌翼×2段 (選択:6枚フラットタービン翼、又は高KLa撹拌翼)、泡切翼×1段
    調節範囲 温度 水温+5℃~50℃
    撹拌速度 min-1 80~800 60~600 60~500
    空気流量 NL/min 2~20 3~30 5~50 7~70 9~90
    調節制御 滅菌方式 選択: 全自動滅菌方式、又は手動バルブ操作による手動方式
    全自動滅菌時:通気量制御及び圧力コントロール制御付
    センサー  標準:温度、撹拌速度、任意選択::pH、DO、消泡、ORP、CO2、など
    添加制御  任意選択:pH(酸・アルカリ)、消泡剤、培地フィード、他
    オプション 排ガス濃度計、添加用天秤、機械式消泡装置、記録計、データロギングソフト、他
    ユーティリティ条件 電源  3φ 200V 20A 3φ 200V 30A
    スチーム 供給圧力:0.18MPa  20kg/h 50kg/h 90kg/h
    ドライエアー 供給圧力:0.4MPa 60L/min 100L/min 150L/min 170L/min
    冷却水 市水  10L/min 20L/min
    チラー水 1.2kW (at20℃) 2.3kW (at20℃) 3.7kW (at20℃)
  • 掲載カタログ

    カタログ

    ファーメンターカタログ

    小型・中型ファーメンターを中心に豊富なオプションも多数掲載。

    カタログ請求

小型培養装置はこちら