• エネルギー
  • ニューマテリアル
  • エレクトロニクス・実装
  • 光エレクトロニクス
  • 検査診断
  • 観察撮影
  • 電子写真・インクジェット
  • 分析計測
  • 試験評価

多機能・高性能な “定常法” 熱伝導率測定装置

この製品へのお問い合わせ

  • (株)ベテル SS-H40

・高速な測定。従来数時間かかる測定を10~20分に短縮!

・試料を置くだけの簡単設置

・”荷重一定モード”と”厚さ一定モード”の2パターンの測定モード!

・温調機能あり。加熱部の可変温度は20~150℃

測定対象例

TIM (Thermal Interface Material)、プリント基板、封止樹脂、断熱材、ゴム、(接着剤)、(グリース)、その他

製品情報

特徴

熱物性測定のベテルが手がけた、多機能・高性能な“定常法” 熱伝導率測定装置

 熱伝導率の測定方法は、大きく“定常法” と“非定常法”に分類されます。
 “定常法” は、測定試料に定常的な温度勾配を与えて熱伝導率を測定します。直接“熱伝導率” を求めることが出来る、
熱伝導率の低い試料でも測定できる等の特長があります。
 対して“非定常法” は、測定試料に過渡的な温度変化を与え、試料の温度応答から熱伝導率を求めます。短時間での測定が
可能、小さな試料でも測定ができる等の特長があります。
 当社ではこれまで“非定常法” 装置のラインナップを展開してまいりましたが、お客様のご要望に幅広くお応えするた
め、新たに“定常法” 熱伝導率測定装置をリリースする事となりました。
 従来の“定常法” 熱伝導率測定装置を超える、多機能で高性能な装置(測定)をご提供いたします。

測定原理

試料に定常的な温度勾配を与え熱伝導率を測定する方法です。
試料の片側を高温に、反対側を低温にし、温度測定を実施することで熱伝導率を算出します。

仕様

名称/商品名 定常熱伝導率測定装置/Steady-state thermal conductivity measuring device
測定対象 熱伝導率 0.05~40 W/mK
測定方向 垂直方向
温度雰囲気 大気中
荷重 範囲:200~1600 N  分解能:0.01 N
測定試料 サイズ:40×40 mm  厚さ:0.1~20 mm
ヒーターブロック温度範囲 20~150 ℃
1点測定標準時間 約 10~20 min
測定精度 ±10 %
出力データ 熱伝導率、(各測温点温度)、(熱流束)、(荷重)、(熱抵抗)

より詳しいことや、疑問に思われたことなどはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

株式会社三ツワフロンテック 本社
〒530-0041 大阪市北区天神橋3-6-24
TEL:06-6351-9631 FAX:06-6351-9632