• エネルギー
  • ニューマテリアル
  • 観察撮影
  • 分析計測
  • 試験評価

リチウムイオン二次電池 電極と集電箔の密着性評価 切削法(表面界面物性解析装置)測定例紹介

この製品へのお問い合わせ

  • 表面界面物性解析装置

リチウムイオン二次電池では、電極と集電箔の剥離は電池性能に大きく影響をあたえます。
電極と集電箔の密着性は、作製条件の違いにより異なります。
切削法(表面界面物性解析装置)を用いた電極と集電箔の密着性評価法をご紹介致します。

製品情報

特徴

測定原理 

鋭利な切刃を用いて、素材の表面から内部にかけて切込み、その際の切刃に生ずる抵抗力を読み取ります。
切刃の切込み段階で「せん断強度」、界面に沿って移動させることで「剥離強度」の測定を行うことができます。
 

 

 

測定例

サンプル:負極材
測定モード:定荷重モード

水平力(Fh)の平均値より、剥離強度(P)が求められます。それより密着性の良悪の評価が可能です。


密着性 良


密着性 悪い

 

剥離状態

剥離面