• エネルギー
  • ニューマテリアル
  • エレクトロニクス・実装
  • 光エレクトロニクス
  • 観察撮影
  • 電子写真・インクジェット
  • 分析計測
  • 試験評価
  • 環境

温度解析を極めた圧倒的な高画質・解析力

この製品へのお問い合わせ

  • 赤外線サーモグラフィ
  • FSV-7000E

温度解析プロフェッショナルの高い要求に応えるべく[撮影][観察][解析]、その全てに最高性能を備えたリアルタイムPCサーモグラフィです。
最高レベルの熱画像テクノロジーと確実に解析を行うためのハイレベルな機能を余すところなく投入。
圧倒的な高性能と解析力を手に入れました。

製品情報

特長

クラス最高レベルの基本性能

・温度分解能 0.05℃
高品質な非冷却マイクロボロメータと、超低ノイズ設計により、クラス最高レベルの温度分解能0.05℃を実現。わずかな温度差も確実にとらえるので、さまざまな用途でご使用でき、専門的な温度解析が可能です。

 

・高解像度 320×240画素
赤外線サーモグラフィ「FSV-7000シリーズ」は、320×240画素とクラス最高レベルの高解像度で、微細な対象物の温度分布もはっきりと視認できるので、確実な熱画像解析が可能です。

 

・ワイドレンジ -40~2000℃
超高温フィルタを使用することにより、MAX2000℃の高温対象も測定可能です。

 

業界初 Excelで熱解析

「FSV-7000シリーズ」の温度解析ソフトは、熱画像の取り込みから解析までをExcel上で実行可能な、業界初のExcelダイレクトリンク方式を採用しています。普段から使い慣れたExcelで、トレンド解析、ライン温度解析、エリア温度解析などの本格的な温度解析はもちろん、Excelの関数機能を利用した解析も可能です。

 

・3D表示機能
2次元表示では把握できなかった温度勾配が一目で分かる

赤外線サーモグラフィで撮影した熱画像を3次元表示できますので、温度勾配が視覚的にもわかりやすく、プレゼンテーションにも便利です

  

 

・ピーク温度座標抽出機能
最高・最低温度の軌跡をグラフ表示

熱画像上で指定したラインやエリア内の最高/最低温度のXY座標を出力することが可能です。時系列にXY座標をプロットしていくと、簡単にピーク温度の軌跡を表示できますので、対象物の温度変化を把握するのに便利です。

 

・JPEGファイルフォーマット

 

・トレンド解析機能
 スポット・ライン・エリアの温度変化を克明にトレンド表示

 

・ライン解析機能
 温度分布をラインで取り出し、データ解析・データ加工が可能

 

・マルチ画像コントロール
 複数の熱画像から、特定温度箇所を容易に抽出可能

 

・AVI変換機能
 温度変化を動画で観れる